女性の薄毛は治る|女性の薄毛の原因と改善方法

女性の薄毛の原因は次の3つです。

原因1:ホルモンバランスの乱れ

女性の薄毛の大きな原因はホルモンバランスの乱れが関係しています。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

月経が来てから排卵が起こるまでは主にエストロゲン、排卵が起こってから月経が来るまではプロゲステロンが多く分泌されます。

エストロゲンは女性らしい体作りをするホルモンであり、新陳代謝を促進して髪の毛にハリやツヤを出します。

プロゲステロンというのは栄養や水分を蓄え、皮脂の分泌を活発にします。この2つのホルモンは両方とも必要であり、これが増えたり減ったりすることによってバランスがとられているのです。

主にエストロゲンの働きが髪の毛の成長には必要であり、このストレスや過激なダイエットなどによってこのエストロゲンが減少してしまうのです。

主に20代後半がエストロゲンの分泌のピークと言われており、40代後半からはエストロゲンが減少することによって更年期が起こると言われています。

この頃から薄毛に悩む場合、それは女性ホルモンのバランスが崩れたからだと言えるでしょう。

原因2:ストレス

また、ストレスが溜まると自律神経が乱れ全身の血行が悪くなったり、女性ホルモンの分泌量が減って男性ホルモンの割合が増えてしまいます。

女性は家事や育児、仕事や人間関係など、日々様々なストレスに悩まされているのではないでしょうか。

このようなストレスが体に変化をもたらす事は十分に考えられます。

もちろんこのようなストレスが女性ホルモンのバランスを崩してしまうということも薄毛の原因になりますが、同様に男性ホルモンを増やしてしまい、薄毛になってしまうということも原因の1つになるのです。

髪の毛が薄くなっているということに気づくととてもショックを受けるので、それによる過剰反応がさらに薄毛を引き起こしてしまうということもあります。

原因3:加齢

また、加齢が薄毛を引き起こすこともあります。髪の毛の密度というのは20歳後半がピークと言われており、35歳ごろには太さがピークとなります。

そしてそれからは薄くなっていく、特に40歳前後になると髪の毛のハリやコシがなくなる、白髪が出てきた、薄くなった、抜け毛が目立つようになったという状態になることもあります。

これもホルモンバランスの乱れという考え方もありますが、新陳代謝などが落ちたことによって栄養が行き渡っていないなどという理由も考えられます。

もちろん女性の場合は妊娠や出産を経験する人も多いですが、それによって部屋サイクルの成長期が長くなってしまい、なかなか髪の毛が生えてこないということがあります。

特に産後は抜け毛に悩むという人も多く、まるで病気にでもなったかと思うほど一気に髪の毛が抜けてしまったという人もいます。

一般的には、産後半年から1年ほどで回復をしますが、は体力がなかなか回復しない場合、薄毛の悩みも解消されないことがあります。

産後は育児で忙しくなかなかそこまで手が回らないという人もいるかもしれませんが、気になる人が多いのも事実です。

女性の薄毛の改善方法

まず女性ホルモンの乱れが原因、ある場合、ホルモンバランスを整えることから始めなければいけません。

一般的に女性ホルモンは28日周期で変わっていきますので、時間がかかってしまう、などという場合はバランスが崩れている可能性があります。

また、ホルモンバランスが乱れている場合、例えば生理周期にも変化があったりなど他にも影響が考えられますので、ほかに何か思い当たる点があるのであればホルモンバランスが崩れているのかもしれません。

この場合はやはり生活習慣を見直すことが大切です。早寝早起きを心がけ、栄養のある食事をとりましょう。

ストレスをなくし、過度なダイエットはやめましょう。避妊ピルなどを利用している場合、このような避妊用具がホルモンに影響を与えます。

まず食生活においては加工食品を避け、カフェインも出来る限り控えるようにしましょう。

食物繊維もたっぷりとり、便通をよくすることも重要です。野菜は積極的に摂取しましょう。

そしてタンパク質を取り入れ、良質な脂肪をとるということが重要です。

また少し運動を取り入れ、夜は読書が入浴でリラックスするなど、心地よい生活を心がけましょう。

ストレスをなくすことも大切です。強いストレスによって自律神経が乱れ全身の血流が悪くなり抜け毛の原因になります。

職場のストレスは家に帰ったら切り替えるためリラックスできる何かを見つける、気分転換をする、などということを心がけ、ストレスを上手に解消しましょう。

そもそもストレスがない生活は不可能ですから、いかに上手にストレスを解消するかということが大切です。

また、友達や両親、上司など、悩みが話せる相手がいると良いですね。良い友達関係はストレス解消に大きく役立ちます。

加齢による薄毛は一般的に新陳代謝が落ちたことによって栄養が巡っていない、ストレスが溜まっている、ホルモンバランスが乱れている、ということが直接的な原因になります。

ですから、ここでもストレス解消心がけ、生活習慣を整えましょう。

体を温め、新陳代謝を上げることによって摂取した栄養が髪の毛まで循環していきます。

また、妊娠や出産による薄毛は体力を回復させることが大切です。

特に産後は赤ちゃんの世話によってストレスが溜まってしまい、そのストレスが薄毛を助長させることがあります。

ですから、赤ちゃんのお世話を楽しむように気分を変えましょう。当然ながらパートナーや家族、親戚、友達の助けも必要になります。

特にパートナーが育児に積極的ではない、自分が1人で家事や育児を行わなければならないなどという場合、それは女性にとって大きなストレスとなってしまい、体力の回復を妨害してしまいます。

近年ではワンオペ育児などと言われていますが、それは理想的なものではありません。

もしもパートナーが助けてくれないという場合、しっかりと話し合いましょう。

また市町村によってはヘルパーさんなどを派遣してくれることがありますので、そのようなシステムを利用しても良いでしょう。

ストレスをためず、育児を楽しむと言う意識が大切です。

女性の薄毛は治る|女性の薄毛の原因と改善方