産後の抜け毛経験談|出産後は薄毛になっても大丈夫?

【29歳主婦】
23歳で出産し、抜け毛が増え始めました。

親族が遠方なこともあり、一人で家事と育児に追われて1ヶ月程度経過した頃です。

娘を出産し、個人経営の産婦人科でしたので、出産して4日で退院しました。

初めてのことで慣れないことも多く、主人も仕事で家にいる時間が少なかったので、どうしても自分のことが疎かになってしまっていました。

髪を満足に乾かす時間もありませんしヘアケアをする暇もありません。

子どもに風邪を引かせてはいけないと、濡れた髪のまま縛っていることも多かったです。

そんなある日、家族で出かける機会がありました。主人も子どもの手助けをしてくれるということで空いた時間にヘアアレンジをしたのです。

髪を何度も櫛でとかしながら出来上がった瞬間床を見て驚きました。

床には、ヘアカットでもしたのかと思うくらい大量の抜け毛が落ちていたのです。あまりの衝撃にその日は髪のことばかりが気にかかってしまい満足に買い物を楽しむことができませんでした。

大量の抜け毛に気が付いてから、自分なりにインターネットを駆使して抜け毛や育毛のことについて調べました。

産前からお世話になっている美容師さんにも恥を忍んで相談しました。抜け毛は季節の変わり目でも多くなります。

子どもを産んだのが9月ということもあり、産後の体の変化も相まって更に抜け毛が増えることがあると教えてもらいました。

美容師さんによるといつも同じ分け目だと髪に良くないとのことですので毎日髪の分け目を変えるところから、始めました。

育毛シャンプーも色々な商品や口コミと比較しながら試してみました。

変化に気が付いたのは3ヶ月程度経った頃です。

見るからに髪のボリュームが増えていました。それまでも念のため、髪の分け目は毎日変えていました。

櫛でといても床に落ちる量は明らかに減っていたので、本当に嬉しかったです。

美容師さんからも髪にコシが出てきましたねという言葉を頂き安心しました。

同じ時期に子どもも首がすわって少し落ち着いたので着替えさせてから、髪を乾かす時間も取れるようになってきました。

抜け毛に気付いた時相談して良かったと心の底から思います。

季節の変わり目に抜け毛が増えることには変わりないので、これからも油断せず髪に少しでも気を配っていきたいと思います。
【38歳:主婦】
抜け毛が増えたのは34歳で出産して、しばらく経ってからです。

出産してすぐの頃はそんなに抜けた感じがしなかったので「産後は抜け毛が増える」と聞いていたけれど、私の場合は大丈夫なのかもしれないラッキー!と思っていました。

ところが、子どもが六ヶ月に入った頃、急に抜け毛が増え始めたのです。

お風呂でシャンプーをすれば指にごっそり絡みつき、洗面所でドライヤーをすれば何十本も落ちてくるのです。

朝のブラッシングをしているときもブラシに数え切れないほど付いていました。

髪の分け目が薄くなり地肌が見えるようになってしまったときは、本当にショックでした。

子どもの夜泣きで寝不足、ストレスもピークで髪のお手入れに気を遣う余裕は全くありません。

産後の抜け毛は自然と治ると言われましたがそれでも何とかしたいと思ったので、まずは頭皮に優しいシャンプーを使ってみることにしました。

しばらく使ってみましたが、すぐに効果は出ませんでした。

次に考えたのは食事です。本当は寝不足を解消したかったのですが、夜泣きであやしたり授乳したりする以上は無理だと諦めました。

そもそも授乳中だったので、食事には気をつけていたのですが、それまでよりも海藻類を多く摂取し魚と野菜中心のバランスの良い食生活を心がけるようにしました。

授乳中はよくお腹が空くので以前はおにぎりが手っ取り早いので食べていました。

それを果物やイモ類に変えて空腹をしのぎました。

料理を工夫しただけなので、食べたい物を我慢しているというストレスはありませんでした。

結局のところ、シャンプーのおかげなのか、食生活を改善したからなのかはわかりませんが少しずつ抜け毛が治まってきました。

私の場合、子どもが6〜7ヶ月の頃が抜け毛のピークだったと思います。

子どもが1歳を迎える頃には、まだ抜け毛はあったものの分け目から地肌が見えるということはなくなってきました。

シャンプーをしても手に絡みつく量は明らかに減り、ドライヤーやブラッシングをしてもピークの頃に比べれば気にならなくなりました。

私は子どもが1歳半のときに卒乳したのですが、その頃になると産前とほぼ変わらない状態に戻ったという実感があります。

ちょうど抜け毛のピークから1年後のことです。それ以降は、抜け毛のトラブルはありませんが、頭皮に優しいシャンプーは使い続けています。  


女性の薄毛は治る|女性の薄毛の原因と改善方